水平分業と垂直統合の違いは?成功している企業の特徴

この記事では、水平分業と垂直統合の違いと、それぞれが機能している業界や企業の特徴について解説していきます。

 

1、水平分業とは?

水平分業とは、「製品の核となる部分は自社で行い、それ以外の部分は他社に任せる」ビジネスモデルのことです。

特に、

  • 本社機能はアメリカや日本などの先進国
  • 部品調達や組み立ては、中国や東南アジア、東欧などの新興国

という組み合わせが多いです。

 

代表的な企業はiPhoneで有名なアップルですね。

アップルの製品には「Designed in California. Assembled in China(デザインはカリフォルニアで、組み立ては中国です)」と書かれています。

デザインや商品の設計などの重要な部分はアップル本社で作りますが、実際の製品の組み立ては、人件費の安い中国に依頼した方が、製品を安く作ることができます。

 

そうすることで、商品価格も安くすることができますし、利益も大きくなります。新製品や新しい技術を開発するための投資にもお金を回すことができます。

 

また、特にアメリカやヨーロッパ、日本などの先進国では、労働者の権利が強く、簡単にクビにできなかったり、健康保険料などの社会保障負担も大きくなります。

それに加えて、日本やヨーロッパでは、解雇規制も厳しいので簡単に従業員をクビにすることもできません。

そのため、先進国の大きな大企業では、全ての機能を自前で抱える「垂直統合」型の企業が結果的に多くなってしまっているのが現状です。

 

先進国の垂直統合型の企業の多くは、40〜50代の高収入の社員が増えてしまって、新しい技術にキャッチアップできる若い世代が育たず、しかも「国内の雇用を守るために新製品を作る」という無謀な勝負をしてしまいがちです。

例えば、台湾の鴻海(ホンハイ)精密工業に買収されたシャープは、当時からすでにどんどん値下がりしていた液晶テレビ事業を国内で製造することにこだわって、堺市で約4,000億円の投資をして大赤字を出してしまいました。

 

現在も、東芝やパナソニックなどの大手家電メーカーの業績が低迷していますが、水平分業へとうまく転換ができないために、いつまでも抜け出せない状況にあると言えます。

 

一方で、ベンチャー企業が新しい商品を作ることで、世の中にインパクトを残すことも可能となってきています。

 

例えば、高級トースターで有名な「バルミューダ」というメーカーがありますが、この会社は東京の武蔵野市で2003年に設立された会社で、生産は中国で行なっています。この会社も水平分業型と言えるでしょう。

バルミューダ

(参考:バルミューダ)

 

それ以外にも、昨年ぐらいから本格的に液晶テレビ事業に参入してきたアイリスオーヤマも、商品開発は日本で行い、製造は中国企業に任せる水平分業型になっています。

 

2、垂直統合とは?

水平分業が、自社の強みに集中し、それ以外の部分は外注するのに対して、垂直統合は「全て自前で行う」ビジネスモデルです。

日立や東芝、パナソニックなどの多くの日本企業が、この垂直統合型で事業を行なっています。

 

そして、これらの企業は、苦境に立たされています。

垂直統合型のメリットは、製造業において特にそうなのですが、「自社の独自技術を他社に知られずに済む」という点でした。

水平分業では、組み立てや製造を他社に外注するわけですから、そのノウハウは全て他社も知ることができてしまいます。そのため、他社との競争にさらされてしまう可能性が非常に高いですからね。

 

ところが、最近の家電を見てみるとわかりますが、部品の性能よりもソフトウェアの部分で大きく差がついています。

アップルと他の日本の携帯メーカーを比べれば、1番わかりやすいでしょう。

 

例えば、いくら日本の携帯のカメラの性能が良かったとしても、それを実際に使うソフトウェアが優れていないと、使いたくありませんよね。

日本では、このソフトウェアの部分が弱く、「モノづくり(性能)」の部分に力を入れてきたため、完全に置いていかれてしまったわけです。

 

垂直統合型が有効な産業とは?

代表的な産業なのが、トヨタ自動車などの自動車メーカーでしょう。部品を作ったり、組み立てを行う関連会社は「系列」と呼ばれており、垂直統合型と言えます。

自動車という製品は、家電やスマホなどの製品と大きく異なる点が2つあります。それは、

  • 故障がそのまま人命に直結するので、耐久性がとても重要視される(高い価格でも正当化される)
  • 性能の高さに燃費という維持コストが含まれる(安くても燃費が低ければ、結果的に高くつく)

の2点です。

 

日本の自動車メーカーは、徹底的なコスト削減を行っていることに加えて、エンジン(内燃機関)や、ハイブリッド(内燃機関と電気モーターを組み合わせて燃費を向上させる技術)などの技術に優れているため、新興国のメーカーの方が車体価格が安くても、総合的に判断すると日本車が勝っているんですね。

 

3、小売や飲食業界では、垂直統合が進んでいる

製造業においては、垂直統合型と水平分業型が業種によって混在していますが、製造業以外の分野では、垂直統合型が進んでいるように見えます。

 

その代表例が、ユニクロです。

ユニクロは、もともとロードサイドに店舗を展開し、いろいろなメーカーの商品を揃えていましたが、自社で商品企画・製造・小売と全ての機能を自社でもつ「SPA(製造小売業)」と呼ばれる業態となっています。

ユニクロに限らず、ZARAやH&M、GAPなども自社で商品企画から製造・小売までを行っており、世界的なアパレルメーカーの多くが垂直統合型のビジネスモデルを採用していると言えます。

 

それ以外にも、ファミレスのサイゼリアもそうですね。

サイゼリアでは、食材の多くを自社で買い付けしたり、契約農家から直接取引を行ったりすることで、食材調達、商品企画、販売までを自前で行なっています。

取引先を極力減らすことで、コストを削減し低価格で提供できているんですね。これも1つの垂直統合型と言えます。

 

このように、垂直統合型で成功している企業は、自前で機能を抱え込むことで、商品力を高めながら、他社よりもコストを削減できるようになり、競争力を高めていると言えます。

いずれの場合にも成功している企業に共通するのは、「そのビジネスモデル(垂直統合 or 水平統合)を採用することで、他社よりも品質やコストで競争力が高くなっている」という点です。

 

5、まとめ:就職・転職するなら、どちらがいいのか?

というわけで、水平分業型と垂直統合型のビジネスについて解説してきましたが、その会社が目指す方向性によって、どちらを選ぶのが正解なのかが変わってきます。

 

製造業の多くは、モノの質も上がってきて、人件費も安い中国・東南アジアにかなわないので、水平分業型を目指す方向にあると言えるでしょう。

一方で、小売業や飲食業などでは、自社で抱え込んだ方がコスト競争力がつくので、垂直統合型を目指す方向にあると言えます。

 

このような視点で就職・転職する業界を見てみると、長く働ける会社が見つかるのではないでしょうか。

 

大企業は採用減。応募者は増加するので、競争は激化。

自分の何が悪いのか分からないまま、ふるい落とされるのは苦しいものです。

当時の私もそうでしたが、どこの企業からも選ばれない状況が続くと、「自分は社会から必要とされていないのではないか?」と落ち込んでしまい、なかなか抜け出せなくなります。

 

わたしはもう40過ぎのオッサンですが、東証1部上場企業で12年勤め、その後このようなメディアをいくつか運営して、嫁さん子供を養っています。

そんな20数年の経験から、分かったことがあります。

「自分の思い通りの人生を歩むためには、なるべく競争に巻き込まれてはいけない」ということです。上には上がいますからね。

 

特に就活では、自分よりもいい学歴、いい容姿、頭の回転の速さ、などを持っている人がいっぱいいます。そして、そんな人がたくさんの内定をもらってしまいます。

たった数ページのエントリーシートで、たった数分のやり取りで、採用を蹴られてしまうなんて、あまりに理不尽だと思いませんか?

 

しかし、今回の新型コロナによって、大手企業でも今後は採用数を絞ってくるのは確実ですし、学生の側も将来への不安から、大手企業への応募が増加します。

応募者数が増えれば、企業の人事担当の採用負担が増えます。

人事の方も人間ですので、あまりに大量のエントリーシートが届けば、まともに見てくれる時間的余裕もなくなります。

 

その結果、「学歴」のような分かりやすい条件で、ふるい落とされてしまう可能性が高くなるでしょう。そんな理不尽な就活が、これから数年間は続いてしまうと思います。

 

では、「学歴」以外で、なるべく「競争に巻き込まれない」で就活をするには、どうしたらいいのでしょうか?

オススメは「オファーボックス」です。

 

写真や動画も活用できるので、人事へのアピールがしやすいサービス

オファーボックス

 

こちらのサービス「オファーボックス」は、自分のプロフィールを登録することで、企業の方からオファーが届くというサービスです。

文章だけでなく、写真や動画もプロフィール欄に投稿できるので、出身大学などの肩書で判断されることなく、あなたに興味を持ってくれた企業から直接オファーをもらうことができます。

 

オファーボックスの仕組み

 

参加企業数も7,000社を超えており、大企業だけでなく、コロナ禍でも好調な中小企業もこちらで採用活動を行っています。

また、採用担当者はあなたのプロフィールをきちんと見た上で面接機会をくれます。

そのため、「自分の何が企業にとって魅力的に映ったのか?」を知るきっかけにもなります。その気づきを生かして、人気企業へと面接に臨むことも可能になります。

 

なるべく競争をしないで、無駄な努力を省きたい方は、登録してみてはいかがでしょうか?

 

オファーボックスの詳細はこちら

 

転職会議を使えば、元社員の口コミが無料でチェックできる

転職会議

また、こちらの転職会議を使えば、勤務経験者の口コミをチェックできるので、気になる会社の雰囲気や、残業代、有給休暇が取れるかなどの実態を調べることができます。

無料で使えますので、チェックしておいて損はないでしょう。

 

転職会議の詳細はこちら

 

本当にその会社に入社したいのか?

今年〜来年の就活は、新型コロナの影響もあってかなり厳しいと言われていますし、なるべく安定した大手企業の内定が欲しいという人も多いでしょう。

その結果、大手企業への申し込みが何千〜何万人と集中することが予想されます。似たようなエントリーシート、志望動機では、人事の目に留まる可能性が昨年以上に厳しくなってくるはずです。

 

そうすると、どうすれば希望する会社から内定がもらえるのか?

 

採用する側としても、会社に価値を提供してくれそうな人間を採用したいわけですから、

  • あなたは何をしたいのか?
  • どんな価値観を持っているのか?何を大事だと思っているのか?
  • どんなことに夢中になって取り組める人間なのか?

といった、人間的な要素を問われることになるはずです。

 

UTSUさんの「人生の目的論」は1度読む価値あり

そんなことを考えたことがない、という人は、就活生向けにYoutubeで情報発信をしているUTSUさんという方が書かれている「人生の目的論」を1度読んでみることをお勧めします。

 

 

UTSUさんは、企業向けのソフトウェアで最大手のSAPジャパンで人事のトップをしていた方で、26歳の時に年収1億を超えるほど稼いでいた元スーパーサラリーマンです。

 

YouTube
YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと共有しましょう。

 

Youtube上でも3年以上、就活生向けに情報を発信しており、登録者が約20万人、多くの就活生を一流企業や志望企業の内定へと導いてきた方です。

 

この「人生の目的論」では、

  • 自分の人生の目的は何か?
  • その目的に、入社したい会社はどう役に立つのか?

といったことが明確になる方法を解説しています。

 

面接では必ず「あなたは当社で何をしたいのですか?」という質問が出てきますし、そのやり取りの中であなたの価値観は測られます。

なので、自分自身をきちんと表現するための、理論武装を行う上でとても参考になると思います。

 

しかも、この「人生の目的論」で内定をもらった方々の「①内定企業」と「②その方の人生の目的」も合わせて掲載されています(なんと三万字分もあります)。

これを見るだけでも、入社したい会社、業界に受かった人が、どんな目的意識を持って就活に臨んでいたのかを知ることができますので、就活を考える上でもかなり参考になるのではないでしょうか?

 

なお、電子書籍で買うと1,000円しますが、Kindle Unlimited(アマゾンの書籍の読み放題のサービス)で申し込めば、①初月無料か、②2ヶ月で198円のコースを選べて、いつでも解約できますので、ほとんど費用をかけずに読むことができます。

もし、就活で悩んでいるのであれば、1度目を通してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

とりあえず転職について知りたいなら

新型コロナウイルスの拡大によって、これまでの「人と人が接してきた商売」をしていた企業は、そもそも売り上げが成り立たなくなってきます。

特に、雇用調整助成金が終了する10月以降はかなり厳しくなってくると予想されます。転職市場もだんだん厳しくなっていくことでしょう。

 

ただ、そうは言っても、「今の会社でずっと働きたくない」と思う人もいるでしょう。

そんな場合には、リクナビNEXTがオススメです。

 

というのも、自分の職歴を見た企業からスカウトが来るからです。

企業の方から声をかけてもらえるのであれば、スキルのミスマッチもありませんので、スムーズに転職活動ができますし、自分の市場価値の確認もできます。

 

また、リクナビNEXTは、WEBサービスなので、電話勧誘などもなく、周りにバレる心配もありません。

「とりあえず転職活動がどんなものか、知ってみたい」という方なら、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

リクナビNEXTはこちら

 

 

コメント