JR東海の新卒・転職者の採用状況|事業内容と将来性について

旅客業界

(参考:wikimedia commons ,星空の川に,  313系+313系+211系)

 

「就職・転職先として、JR東海はアリなのか?ナシなのか?」

この記事では、あなたがこの疑問に答えを出せるように、JR東海の①採用状況、②事業内容、そして、③将来性について解説していきます。

 

1、JR東海の採用状況

(1)新卒採用

JR東海の過去の採用実績は以下の通りです。

 

18年 19年 20年
総合職 90 101 90
アソシエイト職 27 22 30
プロ職 636 741 750
合計 753 864 870

(参考:就職四季報 2018〜2021年)

 

大卒を中心とした総合職は、毎年90〜100名前後の採用を行なってきました。

アソシエイト職とは、いわゆるエリア限定の事務職ですね。プロ職は、鉄道部門の専門職です。

毎年全体で700〜800名規模での採用を行っています。

 

しかし、今年起こった新型コロナウイルスの感染拡大によって、旅客業界は大きなダメージを受けています。

全世界でロックダウン(封鎖)と、渡航制限がされたことによって、海外からの旅行者もほとんど来なくなりましたし、県外への移動も「自粛」が広がり、新幹線の利用者も激減しているのが現状です。

 

そのため、JALやANAなどの航空会社では、2021年入社の新卒採用が中止となっていますが、JR東海では採用中止にはしないようです。(すでに募集は打ち切っていますが)

 

(2)中途採用

JR東海では、中途採用は行っていません。

 

2、JR東海の事業の現状

(1)4−6月決算は大赤字

新型コロナウイルス によって、JR東海は過去最大のピンチに追い込まれています。

今年4〜6月の決算を見てみると、本業の儲けである営業利益は836億円の赤字とかなり大変なことになっています。

 

JR東海の4−6月売り上げ推移

(参考:JR東海 決算説明会資料)

 

また、月次の利用状況を見てみると、新幹線・在来線の利用状況が7月時点でも2〜3割とほとんど回復していませんし、毎年帰省ラッシュで混雑するお盆時期においても、3割程度の利用状況のようです。

(参考:日経新聞「お盆休み終盤も混雑なし 感染警戒で帰省手控え」)

 

JR東海の月次利用状況

(参考:JR東海 月次利用状況)

 

JRタカシマヤなどの商業施設は8割程度まで回復していますが、出張による移動自粛が続いていることもあり、新幹線・ホテルともに厳しい状況が続きそうです。

 

3、JR東海の将来性は?新型コロナを乗り切れるのか?

旅客業界は、一にも二にも新型コロナウイルスの収束が見込めない限りは、赤字を垂れ流し続けることになりそうです。

移動そのものが感染リスクの拡大に直結してしまっている以上、新型コロナとの相性が最悪な業態と言えます。

 

これまでJR各社の中では、JR東海が収益性の高い新幹線事業を持っていることもあり、上場しているJR東・西に比べて、株価的にも高い評価を得てきました。

しかし、今回の新型コロナは、まさにこのドル箱となる新幹線事業に大きな影響を与えています。

JR東や西では、通勤・通学による定期券収入の落ち込みがあまりなく、新幹線事業が大きく減少していることからも、新型コロナの長期化によって、最も影響を受ける鉄道会社がJR東海と言えます。

 

また、現在は商業施設の売り上げが回復傾向にあるものの、飲食店を中心に全国的に廃業が進んでいる状況を考えると、今後は不動産テナントで稼ぐ百貨店業界も厳しくなっていくものと予想されます。

そのため、今後はなるべくキャッシュの流出を防ぐべく、あらゆる面から費用削減に乗り出すことになりそうですので、採用も新規事業への投資も控えめになっていくのではないでしょうか。

 

4、まとめ

というわけで、ここまでの内容をまとめると、

  • 新型コロナの感染拡大によって、世界中の旅客業界の業績が急落し、特に航空会社では国有化の動きすら出ている
  • JR東海もその影響を受けており、今後も長引けば、これまで進めてきたホテル・不動産事業を中心とした多角化路線を修正せざるを得なくなるだろう
  • ただし、今回の赤字は上場以来初ということもあり、財務内容はまだまだ安定しており、今年も採用活動を継続している。そのため、安定した会社への就職を希望するのであれば、有望な選択肢であることは変わりなく、むしろ競争率は激しくなるだろう

と言えるでしょう。

 

これからの就活は間違いなく厳しくなる

新型コロナの影響で、これから数年単位で、あらゆる産業が厳しくなってきます。

就活生に人気のJALやANAが倒産寸前の状況にあるように、業界や、取り組んでいるビジネスによって、生き残れるかどうかが変わってきます。

大手だからといって安心というわけではなく、現在の時流に乗っている中小企業も含めた幅広い情報収集が後悔しない就活のカギになってくるでしょう。

 

新型コロナの影響で、新卒採用社数が2倍になったWEBサービス

オファーボックス

 

特に飲食やホテル、対面営業が主流の金融機関などのリアルのビジネスは、新型コロナで売り上げが減少していく一方なので、採用数は減らしていく傾向にありますが、オンラインビジネスなどの現在の状況に対応できる会社は積極的に採用を行っています。

 

ですが、そういった企業は中小企業が多く、昨年までは合同説明会などに参加するしか、学生に知ってもらう機会がありませんでした。

それが今回の新型コロナで合同説明会などの大型イベントが中止になったことを受けて、直接学生にアプローチをできるWEBサービスへと登録する動きが出ています。

それがこちらのオファーボックスです。

 

21卒生も12.2万人が登録しており、参加企業数も6,000社を超えており、今年・来年の採用活動は、学生が企業に応募する就活ではなく、企業が学生にオファーを行う就活が増えていくでしょう。

新型コロナでどの業種に採用ニーズがあるのか、わかりにくい状況ですので、まずはこちらで情報収集してみてはいかがでしょうか。

 

オファーボックスの詳細はこちら

 

転職会議を使えば、元社員の口コミが無料でチェックできる

転職会議

また、こちらの転職会議を使えば、勤務経験者の口コミをチェックできるので、気になる会社の雰囲気や、残業代、有給休暇が取れるかなどの実態を調べることができます。

無料で使えますので、チェックしておいて損はないでしょう。

 

転職会議の詳細はこちら

 

本当にその会社に入社したいのか?

今年〜来年の就活は、新型コロナの影響もあってかなり厳しいと言われていますし、なるべく安定した大手企業の内定が欲しいという人も多いでしょう。

その結果、大手企業への申し込みが何千〜何万人と集中することが予想されます。似たようなエントリーシート、志望動機では、人事の目に留まる可能性が昨年以上に厳しくなってくるはずです。

 

そうすると、どうすれば希望する会社から内定がもらえるのか?

 

採用する側としても、会社に価値を提供してくれそうな人間を採用したいわけですから、

  • あなたは何をしたいのか?
  • どんな価値観を持っているのか?何を大事だと思っているのか?
  • どんなことに夢中になって取り組める人間なのか?

といった、人間的な要素を問われることになるはずです。

 

UTSUさんの「人生の目的論」は1度読む価値あり

そんなことを考えたことがない、という人は、就活生向けにYoutubeで情報発信をしているUTSUさんという方が書かれている「人生の目的論」を1度読んでみることをお勧めします。

 

 

UTSUさんは、企業向けのソフトウェアで最大手のSAPジャパンで人事のトップをしていた方で、26歳の時に年収1億を超えるほど稼いでいた元スーパーサラリーマンです。

Youtube上でも3年以上、就活生向けに情報を発信しており、登録者が約20万人、20卒の学生へのアドバイスを通じて、多くの就活生を一流企業や志望企業の内定へと導いてきた方です。

 

この「人生の目的論」は、電子書籍で買うと1,000円しますが、Kindle Unlimited(アマゾンの書籍の読み放題のサービス)で申し込めば、初月無料か、2ヶ月で198円のコースを選べて、いつでも解約できますので、ほとんど費用をかけずに読むことができます。

もし、就活で悩んでいるのであれば、1度目を通してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

とりあえず転職について知りたいなら

新型コロナウイルスの拡大によって、これまでの「人と人が接してきた商売」をしていた企業は、そもそも売り上げが成り立たなくなってきます。

特に、雇用調整助成金が終了する10月以降はかなり厳しくなってくると予想されます。転職市場もだんだん厳しくなっていくことでしょう。

 

ただ、そうは言っても、「今の会社でずっと働きたくない」と思う人もいるでしょう。

そんな場合には、リクナビNEXTがオススメです。

 

というのも、自分の職歴を見た企業からスカウトが来るからです。

企業の方から声をかけてもらえるのであれば、スキルのミスマッチもありませんので、スムーズに転職活動ができますし、自分の市場価値の確認もできます。

 

また、リクナビNEXTは、WEBサービスなので、電話勧誘などもなく、周りにバレる心配もありません。

「とりあえず転職活動がどんなものか、知ってみたい」という方なら、まずはここから始めてみてはいかがでしょうか。

 

リクナビNEXTはこちら

 

 

コメント