損保ジャパンの新卒・転職者の採用状況|事業内容と将来性について

損保

(画像出典:wikimedia commons, 特命がかりの青島,損保ジャパン大阪ビルを撮影)

 

日本の新卒採用は、特に大企業がそうなのですが、「何を学んできたか?」よりも「学歴(どの大学に合格したか?」で判断されるのが現実です。

だからこそ、特に文系は修士・博士に上がるほど内定率が下がるんですね。

 

大企業である損害保険ジャパン(以下「損保ジャパン」)への就活や転職を考えているあなたも、

  • 安定していて定年まで働ける
  • 残業代がしっかりついて、給料も高くて安定している
  • 福利厚生も魅力的なホワイト企業

といった期待があるからではないでしょうか?

 

実はわたしも20年ほど前に同じような気持ちで就活をして、たくさんの大企業に落とされ、「やる気」重視の証券業界で12年間働いてきました。(笑)

最初の5年は営業で心をすり減らし、その後は本社の企画部門に回され、ほぼ全ての本社の部署と関わりながら仕事をしました。

 

なので、いわゆる「日本の古い体質の大企業」の内情は知り尽くしていますし、元証券マンなので、「その会社の将来性はどうなのか?」「株を買ったら儲かりそうか?」という視点で、あらゆる業界や会社を調べて、投資勧誘をしてきました。

 

そんな経験を生かして、この記事では、

  1. 採用状況はどうなのか?
  2. どんな事業をしているのか?どういう仕事をするのか?
  3. 10年後はどんなことが待っているのか?

の3点について解説します。

 

ちなみに、なんでこんな記事を書いているかというと、うちの子供が「いい大学に入って、いい会社に就職したい」と言い始めているからです。中2ってそんな年頃なんですかねぇ。

わたしも一応、東証1部の上場企業で働いていましたが、決して「大企業だからいい」とも言えないし、最近は不祥事やブラックな業界・会社も結構ありますから、「しっかりと調べた上でないとアドバイスができないな。」と感じているんですね。

 

まあ、まだ時間はあるわけですが、今のうちに「これからの日本で就職すること」「働くということ」について親としてきちんと整理しておきたいと思ったわけです。

なので、そういう目的でこの記事を書いています。あなたにも参考になると思います。

 

1、損保ジャパンの採用状況

(1)新卒採用

損保ジャパンの過去の採用実績は以下の通りです。

 

16年入社 17年 18年 19年
男性(大卒・修士) 109 120 147 74
女性(大卒・修士) 644 726 514 180
合計 753 846 661 254

(参考:就職四季報 2016〜2021年)

 

①海外への転勤もあるグローバル、②国内の転勤のあるワイドエリア、③転居の伴う転勤のないエリア、の3種類の職種での募集がされています。

女性が多いのは、③の採用が多いからだと思われます。

ただ、17年度入社の採用数が846名とかなり多かったですが、AIやRPAなどの事務の自動化技術が進んでいることもあるからか、採用数が大きく減少傾向にあり、19年度は264名までグッと縮小してきています。

 

(2)中途採用

損保ジャパンの中途採用は、全域型の募集はなく、地域型や契約社員での募集がされています。

なので、他の損保会社の総合職からの転職は、ちょっと難しいと言えますね。

(参考:損保ジャパン 採用情報)

 

2、損保ジャパンの事業の現状

損保ジャパンは、持株会社(SOMPOホールディングス)にぶら下がっている会社という位置付けとなっています。

それで、持株会社全体で2010年以降の売上高、営業利益の推移を見ると、2010年の2兆円台から3兆円台の後半にまで売り上げ(経常収益)が増加、利益(経常利益)は2010年に赤字になった以外は、特に2013年以降は2,000億円前後と安定しています。

 

SOMPOホールディングスの売上推移

(参考:SOMPOホールディングス 決算短信)

 

さらにを傘下の会社別に見ると、損保ジャパンは全体の6割程度の売上を上げていることがわかります。損保ジャパンが中核会社という位置付けになっていますね。

 

ただ、国内の大手企業の多くは、日本市場だけでは成長が見込めないため、この数年海外の企業を買収することで売り上げを伸ばしてきました。

SOMPOホールディングスも、海外企業の買収を通じて売り上げを拡大してきたわけですね。

 

SOMPOホールディングスの会社別売上構成

(参考:SOMPOホールディングス 決算短信)

 

3、損保ジャパンの10年後はどうなる?将来性はあるのか?

損保ジャパンは国内マーケットを相手にしているわけですが、日本の人口はすでに減少し始めているため、海外企業の買収を行う親会社(SOMPOホールディングス)と、国内市場での売り上げの維持を目指す子会社(損保ジャパン)とでキャリアが大きく変わっていくでしょう。

 

生損保の業界は、企業や個人が存続する限り、一度契約すればずっと保険料収入が入ってくる商売ですから、かなり安定している業界ではあります。

ですが、これがずっと続くわけではありません。気になるポイントをいくつか挙げていきます。

 

1、自動運転になると自動車保険は?

現在の損保ジャパンの売り上げに占める自動車保険の割合は、自賠責も含めると57%となっています。

 

損保ジャパンの保険種別売上

(参考:MS&ADホールディングス 決算短信)

 

自動運転技術が進めば、事故に遭うリスクも減りますし、保険料の引き下げも起こるでしょう。現在でも走行距離に応じて保険料が安くなる仕組みがありますから、さらに引き下げが進むものと予想されます。

また、運転手が必要ないため、格安でタクシー会社を運営する企業も出てきます。

タクシー料金に占める人件費の割合は、5割以上と言われていますので、単純計算すれば半額程度でタクシーが利用できるようになるわけです。

 

ということは、

  • 自動車を保有する個人や世帯が減少するので、契約者数が減る
  • 事業者単位での契約となるため、保険料の値引き競争が起こる

といったことが起こる可能性があります。

 

自動車保険そのものはなくならないとは思いますが、その市場規模は、現在の状況から大きく変わってくるでしょう。

 

2、新型コロナの影響は?

今年の2月ごろから国内で本格化した新型コロナウイルス ですが、飲食店やホテル、観光業などを中心に大きく影響が出ました。

では、損保ジャパンではどうだったのかというと、2019年度は影響は少なかったようで、2020年度も純利益ベースで0〜300億円程度と見込んでおり、さほど経営的な影響はなさそうに見えます。

 

しかし、問題はこれからです。

新型コロナのワクチンは、最低でも1年〜1年半程度はかかると見られており、それまでに会社が持たない業界はいくらでも出てきます。

 

例えば、世界中の航空会社が破綻の危機にありますが、これらの会社が倒産すれば、航空保険収入にも大きく影響が出てくるでしょう。

(参考:ブルームバーグ「ボーイングCEO:年内に経営破綻する米航空会社が出る「可能性高い」」)

 

また、新型コロナが収束するまでは、飲食店などでは席を1つずつ空けて営業しないとお客さんが入ってきにくくなります。それで経営が持つ飲食店はほとんどないでしょうから、多くの飲食店が閉店し、ビルのテナントも空室だらけになる可能性が高いです。

そうすると、ビルで契約している火災保険も解約されますので、事業者向けの保険収入はかなり減少していくことが予想されます。

 

4、まとめ

というわけで、損保ジャパンの採用状況と将来性をまとめると、

  • 長期契約が基本の業種のため、経営が安定しており、ここ数年でも希望退職もなく安心感が強い
  • ただし、国内のマーケットはほぼ頭打ちのため、海外企業の買収を通じて、グループ全体の売り上げを伸ばす戦略をとっている
  • 今後は、自動運転による自動車保険市場の大変動や、新型コロナの長期化による倒産の続出によって、国内マーケットのさらなる縮小が避けられないため、新商品の開発や、海外マーケットで戦える社員が求められるようになる

と言えるでしょう。

 

これからの就活は間違いなく厳しくなる

新型コロナの影響で、これから数年単位で、あらゆる産業が厳しくなってきます。

就活生に人気のJALやANAが倒産寸前の状況にあるように、業界や、取り組んでいるビジネスによって、生き残れるかどうかが変わってきます。

大手だからといって安心というわけではなく、現在の時流に乗っている中小企業も含めた幅広い情報収集が後悔しない就活のカギになってくるでしょう。

 

新型コロナの影響で、新卒採用社数が2倍になったWEBサービス

オファーボックス

 

特に飲食やホテル、対面営業が主流の金融機関などのリアルのビジネスは、新型コロナで売り上げが減少していく一方なので、採用数は減らしていく傾向にありますが、オンラインビジネスなどの現在の状況に対応できる会社は積極的に採用を行っています。

 

ですが、そういった企業は中小企業が多く、昨年までは合同説明会などに参加するしか、学生に知ってもらう機会がありませんでした。

それが今回の新型コロナで合同説明会などの大型イベントが中止になったことを受けて、直接学生にアプローチをできるWEBサービスへと登録する動きが出ています。

それがこちらのオファーボックスです。

 

21卒生も12.2万人が登録しており、参加企業数も6,000社を超えており、今年・来年の採用活動は、学生が企業に応募する就活ではなく、企業が学生にオファーを行う就活が増えていくでしょう。

新型コロナでどの業種に採用ニーズがあるのか、わかりにくい状況ですので、まずはこちらで情報収集してみてはいかがでしょうか。

 

オファーボックスの詳細はこちら

 

転職会議を使えば、元社員の口コミが無料でチェックできる

転職会議

また、こちらの転職会議を使えば、勤務経験者の口コミをチェックできるので、気になる会社の雰囲気や、残業代、有給休暇が取れるかなどの実態を調べることができます。

無料で使えますので、チェックしておいて損はないでしょう。

 

転職会議の詳細はこちら

 

本当にその会社に入社したいのか?

今年〜来年の就活は、新型コロナの影響もあってかなり厳しいと言われていますし、なるべく安定した大手企業の内定が欲しいという人も多いでしょう。

その結果、大手企業への申し込みが何千〜何万人と集中することが予想されます。似たようなエントリーシート、志望動機では、人事の目に留まる可能性が昨年以上に厳しくなってくるはずです。

 

そうすると、どうすれば希望する会社から内定がもらえるのか?

 

採用する側としても、会社に価値を提供してくれそうな人間を採用したいわけですから、

  • あなたは何をしたいのか?
  • どんな価値観を持っているのか?何を大事だと思っているのか?
  • どんなことに夢中になって取り組める人間なのか?

といった、人間的な要素を問われることになるはずです。

 

UTSUさんの「人生の目的論」は1度読む価値あり

そんなことを考えたことがない、という人は、就活生向けにYoutubeで情報発信をしているUTSUさんという方が書かれている「人生の目的論」を1度読んでみることをお勧めします。

 

 

UTSUさんは、企業向けのソフトウェアで最大手のSAPジャパンで人事のトップをしていた方で、26歳の時に年収1億を超えるほど稼いでいた元スーパーサラリーマンです。

Youtube上でも3年以上、就活生向けに情報を発信しており、登録者が約20万人、20卒の学生へのアドバイスを通じて、多くの就活生を一流企業や志望企業の内定へと導いてきた方です。

 

この「人生の目的論」は、電子書籍で買うと1,000円しますが、Kindle Unlimited(アマゾンの書籍の読み放題のサービス)で申し込めば、初月無料か、2ヶ月で198円のコースを選べて、いつでも解約できますので、ほとんど費用をかけずに読むことができます。

もし、就活で悩んでいるのであれば、1度目を通してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメント