東芝の新卒・転職者の採用状況|事業内容と将来性について

総合電機

(画像出典:wikimedia commons, 円周率3パーセント, 東芝名古屋ビル

 

日本の新卒採用は、特に大企業がそうなのですが、「何を学んできたか?」よりも「学歴(どの大学に合格したか?」で判断されるのが現実です。

だからこそ、文系は修士・博士に上がるほど内定率が下がるんですね。

 

大企業である東芝への就活や転職を考えているあなたも、

  • 安定していて定年まで働ける
  • 残業代がしっかりついて、給料も高くて安定している
  • 福利厚生も魅力的なホワイト企業

といった期待があるからではないでしょうか?

 

実はわたしも20年ほど前に同じような気持ちで就活をして、たくさんの大企業に落とされ、「やる気」重視の証券業界で12年間働いてきました。(笑)

最初の5年は営業で心をすり減らし、その後は本社の企画部門に回され、ほぼ全ての本社の部署と関わりながら仕事をしました。

 

なので、いわゆる「日本の古い体質の大企業」の内情は知り尽くしていますし、元証券マンなので、「その会社の将来性はどうなのか?」「株を買ったら儲かりそうか?」という視点で、あらゆる業界や会社を調べて、投資勧誘をしてきました。

 

そんな経験を生かして、この記事では、

  1. 採用状況はどうなのか?
  2. どんな事業をしているのか?どういう仕事をするのか?
  3. 10年後はどんなことが待っているのか?

の3点について解説します。

 

ちなみに、なんでこんな記事を書いているかというと、うちの子供が「いい大学に入って、いい会社に就職したい」と言い始めているからです。中2ってそんな年頃なんですかねぇ。

わたしも一応、東証1部の上場企業で働いていましたが、決して「大企業だからいい」とも言えないし、最近は不祥事やブラックな業界・会社も結構ありますから、「しっかりと調べた上でないとアドバイスができないな。」と感じているんですね。

 

まあ、まだ時間はあるわけですが、今のうちに「これからの日本で就職すること」「働くということ」について親としてきちんと整理しておきたいと思ったわけです。

なので、そういう目的でこの記事を書いています。あなたにも参考になると思います。

 

1、東芝の採用状況

(1)新卒採用

東芝の2020年度の採用計画は以下のとおりです。

 

東芝の2020年度採用計画

(参考:東芝 2020年度採用計画について)

 

国内連結ベースで、昨年の1,040人から1,170人へと増加させています。中核会社での採用は350人と変わりません。

 

(2)中途採用

東芝は、この5年間でグループ5,000人規模の希望退職を実施しましたが、その一方で、データを扱いながら新しいビジネスを創出する人材については積極的に中途採用の募集を行っています。

 

 

(参考:東芝 採用ページ)

 

MUST要件、WANT要件がそれぞれ具体的に示されていますので、該当しそうな職種があれば、申し込んでみるのも手でしょう。

 

2、東芝の事業の現状

東芝の2009年〜2019年度の売上高、営業利益を見ると、このようになっています。

 

東芝の売上推移

(参考:東芝 決算資料)

 

ご覧のように、売上高はこの10年でほぼ半分になりました。

2015年に粉飾決算が発覚し、その赤字を補うために、儲かっていた事業をどんどん売却したからです。

 

東芝が売却した主な事業

 

時期 売却先 内容
2016年3月 キャノン 医療事業(100%)
2016年6月 美的集団グループ 家電事業(80%)
2018年2月 ハイセンスG テレビ事業(95%)
2018年6月 投資ファンド 東芝メモリ(100%)
2018年10月 シャープ パソコン事業(80%)

*( )内は、持ち株の売却割合

(参考:東芝 決算資料)

 

ご覧のように、テレビや家電、PC、メモリなどの製造業としての事業の売却となっています。

その反面、本業の儲けを示す営業利益を見ると、粉飾決算のあった2015年は大きく赤字を出していますが、その後は数百億〜1,000億円規模の営業黒字を維持しており、企業としての収益力は安定してきていると言えます。

 

実際、現在残っている東芝の事業を見ると、エネルギー(発電事業)・インフラ(鉄道等)・ビル(エレベーター)の売り上げが半分以上を占めており、景気に左右されにくい事業構造へと転換が進んでいます。

 

東芝の部門別売上

(参考:東芝 決算資料)

 

また、今年2月から本格化している新型コロナの感染拡大ですが、2〜3月分の影響としては、営業利益ベースで約200億円、今年度は約900億円程度ということで、会社の存続が危ぶまれる状況ではなさそうです。

 

東芝の新型コロナの影響

(参考:東芝 決算資料)

 

2015年の粉飾決算によって、東芝の事業内容が「生活するためになくてはならない事業」だけを残した結果が、結果的に今回の新型コロナのリスクを最小限にしたと言えるでしょう。

 

3、東芝の10年後はどうなる?将来性はあるのか?

2015年の粉飾決算以降、儲かっている事業の売却やリストラの話題が多く、日立や三菱電機と比べて凋落ぶりがひどいイメージのあった東芝ですが、むしろ今後はかなり有望な可能性があります。

というのも、日本の大企業の中でも、ここまでひどい目に遭っている企業はなく、経営陣も含めて大きく変わらないと生き残れないという危機感が強くなっているからです。

 

東芝の歴代の社長を見ると、現在の車谷CEO以前の53年間は、東芝出身の生え抜き社員がずっと続いていました。

そうなると、出世競争は熾烈を極めるわけですが、その中でズルをしてでも実績を出して社長に成り上がろうとする人が出てきます。

それが粉飾決算の原因となった米国の原発会社の買収をしようとした西田元社長からの3社長の流れだったわけです。

(参考:文春オンライン「東芝を解体に追い込んだ三悪人の「言い分」)

 

しかし、粉飾決算によってこれまでの経営陣の悪事が明るみに出たことで、外部から経営陣を入れることになりました。

現在の車谷CEOは、銀行→投資ファンド出身者であり、ガンガン事業売却を行い、身軽な企業へと転身を進めています。

また、その上で今あるインフラ事業で得られるデータを駆使して、Googleやアマゾンのようなプラットフォームビジネスを展開しようとしています。

その旗振り役として、ドイツの総合電機メーカーであるシーメンスの日本法人社長だった島田太郎さんをヘッドハンティングし、東芝の事業の再構築を進めているところです。

(参考:日経ビズ「東芝はプラットフォーマーとして生き残る」)

 

日本の大企業には、「金にならないけど実はすごい」という技術や事業がたくさんあります。しかし、それをうまく使いこなし、ビジネスとして利益を上げられる人がいませんでした。

部門ごとの縦割り組織だったために、部門をまたいで技術を組み合わせてビジネスを育てるということができなかったからです。

 

しかし、東芝では、そのようなしがらみがなくなり、ようやく今の社会にあった人たちが経営に携わるようになったと思われます。

しかも、事業としては、インフラよりの安定した収益を出せるビジネスを残しているため、安定しつつ、成長も見込める企業となっていくのではないでしょうか。

 

4、まとめ

というわけで、東芝の採用状況と将来性をまとめると、

  • 過去の粉飾決算の精算のために事業売却が続いており、売り上げがこの10年で半減しているものの、本業の利益は確保しており安定した会社へと転換している
  • インフラ関連のビジネスが中核になったため、新型コロナの影響が企業の存続を危ぶませるほどでもない
  • 今後はインフラ事業のデータを活用したプラットフォームビジネスへと転換していく予定であり、旧来の企業カルチャーを持つ他の日本企業に比べて働きやすく変わっていく可能性がある

と言えるでしょう。

 

これからの就活は間違いなく厳しくなる

新型コロナの影響で、これから数年単位で、あらゆる産業が厳しくなってきます。

就活生に人気のJALやANAが倒産寸前の状況にあるように、業界や、取り組んでいるビジネスによって、生き残れるかどうかが変わってきます。

大手だからといって安心というわけではなく、現在の時流に乗っている中小企業も含めた幅広い情報収集が後悔しない就活のカギになってくるでしょう。

 

新型コロナの影響で、新卒採用社数が2倍になったWEBサービス

オファーボックス

 

特に飲食やホテル、対面営業が主流の金融機関などのリアルのビジネスは、新型コロナで売り上げが減少していく一方なので、採用数は減らしていく傾向にありますが、オンラインビジネスなどの現在の状況に対応できる会社は積極的に採用を行っています。

 

ですが、そういった企業は中小企業が多く、昨年までは合同説明会などに参加するしか、学生に知ってもらう機会がありませんでした。

それが今回の新型コロナで合同説明会などの大型イベントが中止になったことを受けて、直接学生にアプローチをできるWEBサービスへと登録する動きが出ています。

それがこちらのオファーボックスです。

 

21卒生も12.2万人が登録しており、参加企業数も6,000社を超えており、今年・来年の採用活動は、学生が企業に応募する就活ではなく、企業が学生にオファーを行う就活が増えていくでしょう。

新型コロナでどの業種に採用ニーズがあるのか、わかりにくい状況ですので、まずはこちらで情報収集してみてはいかがでしょうか。

 

オファーボックスの詳細はこちら

 

転職会議を使えば、元社員の口コミが無料でチェックできる

転職会議

また、こちらの転職会議を使えば、勤務経験者の口コミをチェックできるので、気になる会社の雰囲気や、残業代、有給休暇が取れるかなどの実態を調べることができます。

無料で使えますので、チェックしておいて損はないでしょう。

 

転職会議の詳細はこちら

 

本当にその会社に入社したいのか?

今年〜来年の就活は、新型コロナの影響もあってかなり厳しいと言われていますし、なるべく安定した大手企業の内定が欲しいという人も多いでしょう。

その結果、大手企業への申し込みが何千〜何万人と集中することが予想されます。似たようなエントリーシート、志望動機では、人事の目に留まる可能性が昨年以上に厳しくなってくるはずです。

 

そうすると、どうすれば希望する会社から内定がもらえるのか?

 

採用する側としても、会社に価値を提供してくれそうな人間を採用したいわけですから、

  • あなたは何をしたいのか?
  • どんな価値観を持っているのか?何を大事だと思っているのか?
  • どんなことに夢中になって取り組める人間なのか?

といった、人間的な要素を問われることになるはずです。

 

UTSUさんの「人生の目的論」は1度読む価値あり

そんなことを考えたことがない、という人は、就活生向けにYoutubeで情報発信をしているUTSUさんという方が書かれている「人生の目的論」を1度読んでみることをお勧めします。

 

 

UTSUさんは、企業向けのソフトウェアで最大手のSAPジャパンで人事のトップをしていた方で、26歳の時に年収1億を超えるほど稼いでいた元スーパーサラリーマンです。

Youtube上でも3年以上、就活生向けに情報を発信しており、登録者が約20万人、20卒の学生へのアドバイスを通じて、多くの就活生を一流企業や志望企業の内定へと導いてきた方です。

 

この「人生の目的論」は、電子書籍で買うと1,000円しますが、Kindle Unlimited(アマゾンの書籍の読み放題のサービス)で申し込めば、初月無料か、2ヶ月で198円のコースを選べて、いつでも解約できますので、ほとんど費用をかけずに読むことができます。

もし、就活で悩んでいるのであれば、1度目を通してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

コメント